トップ / インプラントで健康に

インプラントと差し歯の違い 

インプラントと差し歯はともに歯の治療方法のひとつであり、虫歯などによって欠けてしまった歯のかわりとして、人工の歯をつくって、その欠けた部分に差し込むというものです。しかしながら、差し歯はもともとの歯の根っこの部分に新しくつくった人工の歯をかぶせるのに対して、インプラントでは、あごの骨に金属を埋め込んで根っこにあたる部分を人工的につくり出した上で、さらにその金属に人工の歯をかぶせるといった違いがあります。したがって、差し歯で対応が可能なのは、もとの歯の根っこが残っている場合に限られるということになります。

インプラントについて 

インプラントとは、虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった方、または先天性の欠損で歯が生えてこなかった方などに最適な、歯を補うための最先端の治療方法です。あごの骨の中に金属の歯根を埋め込むことで、土台を作ることが出来るので、そこに人口の歯を装着することで、インプラントが完成します。見た目はまるで自然に生えた歯と見分けが付かないほど美しく、強度も強いので何でも噛むことが出来るなどメリットが多くあります。保証やメンテナンスもしっかりしている歯科がほとんどなので安心して受けられる治療であることは確かです。

美容外科のクリニック情報