トップ / 歯科推奨の歯ブラシがいい

虫歯の原因と歯科について 

虫歯は、細菌によって歯が溶かされてしまう病気です。虫歯になる原因は、まずは虫歯菌が酸を出して歯を溶かします。それら虫歯菌の栄養となるのは糖分です。歯質や歯磨きのタイミングによっても虫歯になりやすくなってしまいます。歯科では、虫歯菌に犯された歯を削り、その上から被せ物をすることで治療します。歯科では虫歯になってしまった歯を治す以外にも、歯磨きの指導、虫歯にならないためのアドバイスや、実際に自覚症状のない虫歯まで発見してくれるので、早期発見、早期治療が一番大事なので、早めに通い始めることがとても大切です。

舌側矯正をすると見えずに快適 

舌側矯正をすることで周りからも分からずに矯正できるのが特徴です。歯並びが悪い人が増えていますが、その理由は柔らかいものを食べていることから顎が発達しなくなっていて細くなっているためです。顎の骨の面積が少なくなっても歯の本数が変わらないことから歯がずれて生えてきて歯並びが悪くなってきます。歯並びは矯正することで良くなります。矯正するには長期間ワイヤーを通さなくてはならず、ほかの人からも見えて見た目にも悪いです。それを解決する方法は舌側矯正で、その方法を使うと長期間でも周りを気にせずに矯正することができます。

美容外科のクリニック情報